コロナワクチンは有害なのか?

「SARS-CoV-2の懸念のある変異株と英国で調査中の変異株、テクニカルブリーフィング16」と題された論文は、武漢コロナウイルス亜種は大多数の人々とって、ほとんど問題ではないことを示しています。そして感染する人はそれを決して知りません。

研究によると、変異株で死ぬことになるほんのわずかな人は、すでにワクチン撃たれている可能性が高いとのことです。ワクチンをうたず、検査が「陽性」になり、死亡する可能性が高い、わずかな数の人は、免疫システムの弱体化、または心臓病や肥満などの他の健康問題を抱えていた可能性があります。

ほとんどの人は、武漢コロナウイルスの「変異株」で死亡する可能性が0パーセントです。

英国公衆衛生サービスは、特に人がワクチンを受けていない場合、武漢コロナウイルス変異株で死亡するリスクが非常に低いことを認めています。ワクチンを服用している人は、苦しんで死ぬ可能性がはるかに高いことが判明しました。

それでも、偽のニュースメディアは、変種株の拡散についての宣伝を急いでおり、それを5番目または6番目、あるいは現在の「波」と呼んでいます。

ワクチンが変異株を広めていることが現在知られているにもかかわらず、嘘をついているニュースメディアは、継続的な視野を持たず、武漢コロナウィルス  の検査で再びばかり陽性になるのではないかということ恐れて、真実を隠蔽ることを望んでいます。

変異株の検査で陽性となったワクチン接種を受けた人々は死亡率が高いことに加えて、ワクチン接種を受けていない人々よりも寒さのために入院を必要とする可能性が高くなります。

最新のデータによると、デルタ株の検査で陽性となったワクチン接種を受けた人の2.0%が緊急治療を必要としているのに対し、ワクチン接種を受けていない人は1.48%にすぎません。

「現在のデータは、英国の公衆衛生機関が先週発表したデータと一致しており、完全予防接種を受けた人の死亡率は、予防接種を受けていない人の6倍であり、少なくとも2週間の調査で予防接種を受けていない人の入院率がわずか1.2%であるのと比較して、2回完全に予防接種を受けた人の入院率は2.3%でした」とライフサイトニュース(LifeSiteNews)のセレステ・マクガバーン(CelesteMcGovern)は説明しています。

これはすべて、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究であるステファニー・セネフが抗体依存性増強(ADE)について警告したことを検証しています。ADEは基本的にワクチンによって誘発される免疫損傷であり、人が病気になりやすくなります。

「誘導された抗体の指向的特異性は、自然免疫の一般的な弱体化によって相殺されると私には考えられます」とセネフは言います。

「また、大規模なワクチン接種キャンペーンは、ワクチン耐性変異株がすべてのSARS-Co-V2 [コロナウイルス]株の中で優勢になる速度を加速させる可能性があると思います。」

武漢コロナウイルスの「変種」に関する最新のナンセンスに追いつくために、Pandemic.newsをチェックしてください。

(引用ここまで)

ADE(抗体依存性感染増強)はワクチンについて、私が最も心配していることである。この記事はいいポイントをついているが、そのまままにうけてもいけない。次はこの記事のどこが正しく、どこが間違えているか書いていく。

コメント