ちょっと考えればコロナウィルスの仕掛け人は浮かび上がってくる〜命がけの告発、誰とは言わないけれど(イベント201の詳細情報第1弾の続きあり。)

復習 イベント201の内容(詳しく知りたい方は前の記事もお読みください。)

この会議が開催される2019年10月18日よりも前にブラジルで豚に新型コロナウイルスが発生し、2019年10月18日時点で確認されていただけで地域社会を通じて世界に急速に広がり、 30000件以上に感染し、2000人近くが死亡した。これはどう考えても、今、流行している新型コロナではないのか?それとも種が違うのか?偶発的に同時発生的にブラジルと中国武漢で違う新型コロナウィルスが発生したのか?

今回の本文ここから

今では急速に広がっています。海外旅行によって地域の流行が地球規模のパンデミックに変わり、わずか3か月前に南アメリカでキャップが開始されました。 30000人以上に感染し、ほぼ2000人が死亡しました。

新たに発見されたキャップスとその致命的な集団発生の範囲についての報道を続けると、報告された症例数は30000以上になり、専門家はこれが世界的な問題の始まりに過ぎない可能性があると警告しています。GNNの科学記者は、これまでに分かったキャップの特徴についてのビデオを作成しました。

新型コロナウイルスは、2003年に恐ろしいSARSの流行を引き起こし、近年のMARSの流行を引き起こしたこれらのウイルスに関連しています。

科学者は、各感染者が平均してさらに2人に感染していると考えており、 SARSやMERSよりも伝染性が高く、インフルエンザと同じくらい伝染性であるので、毎週の累積症例数は毎週2倍になっています。

この感染率では、ウイルスの伝染を妨害する方法を見つけない限り、2月で16倍の症例が見られると予想できます。

南アメリカのいくつかの巨大都市の人口が密集し貧困な地域で急速に拡大しており、

深刻な呼吸器疾患の病である認識された症例の半分以上が病院のケアを必要とし、医療システムに大きな負担をかけています。


キャップスの致死率はSARSより10%高く、史上最悪のパンデミックである1918年のインフルエンザの2〜4倍だと考えられている。

本当は病院での治療が非常に必要である一部の人々は軽度の風邪のような症状しか示さしません。。(訳注:確認しますが、これは今、ニュースになっている新型コロナについての情報ではなく、ブラジル発の新型コロナについての情報です。うーん、似てますねえ。)

これらの人々は、歩き回ってウイルスを広めることができます。さらに悪い事に海外旅行者が無症状で目的地に到着しますが、数時間以内に発症しています。(訳注:発症しないでウィルスをばら撒かれるのはもっと怖いだろう。さながら歩くウィルス兵器である。これはコロナ被害者を貶める目的の言葉ではないので、ご気分を害した方がいたらどうかご理解、ご容赦いただきたい。)関連する事件が多くの場所で発生し、保健当局が対応し、収容するよりも速く急速に拡大している。

ここからは考察だ。今、公開している情報では根拠がない状態なので陰謀論あるいは都市伝説として扱ってもらって構わない。しかし、性急な判断をしないでこれからの記事を読んで判断してほしい。

このイベント201を素直に解釈すれば、本当は新型コロナウィルスの発生源はブラジルに設定する予定だった。ところが、大事なお客さんの都合で中国武漢に「変更」された。

普通に考えれば、変更出来るという事はコロナウィルスは人工ウィルス、はっきり言えばウィルス兵器だと言う事ではないのか。さらに踏み込もう。

もし、今後このブログの更新が長期間に渡って止まったら、私が殺されたと考えてこの情報を拡散してください。

あと、私が死んだ場合、私の手持ちの情報の一部が世界に拡散される事になっていますので、監視者の方々は慎重に振る舞いましょう。訴訟に巻き込まれた場合は、その詳細をネットで配信し続けます。発信方法はブログだけではないですよ。止められますか?よくご存知でしょうが無視するのが得策ですよね。そして、検索◯◯◯◯をいじるのが一番いい方法ですね。悔しいですがうまくいくでしょう。

さあ、怖いが言ってしまおう。なぜ!?イベント201の関係者はこの事実を世界に発信しないのか?イベント201の関係者が世界を疫病から救う正義の味方ならなぜ、これを問題にしないのか?問題に出来ない理由があるのか?それとも自分達が◯◯◯なのか!

◯◯◯は皆さん自分で考えてください。そしておかしいと思ったら、行動を始めてください。まずは、このブログの情報を拡散してください。許諾はいりません。ご自分で発信するのが一番いいでしょう。同じ事を何回も言ってすみません。

「自分の頭で考えろ!日本人一人一人の自立が日本の独立につながる!」

信じるか信じないかはあなた次第です。

(ちなみにこの言葉は関さんの言葉ではありません。私に裏世界の情報を直接教えてくれた、私は一方的に師匠だと思っている◯◯◯◯さんの言葉です。)

コメント