日本はレムデシビルの実験場にされる〜緊急事態宣言は5月末まで延長、しかしそれ以上は延長されない本当の理由(4)

ここでレムデシビルついての記事を翻訳して部分引用する。

2020年4月29日

ギリアド製薬会社、重度のCOVID-19患者を対象とした抗ウイルス薬レンデシビルのフェーズ3治験の結果を発表

-レンデシビルの5日間および10日間の投与期間での有効性を示す研究-

ギリアド製薬会社は本日、新型コロナウィルスにより重篤な症状のある入院患者における治験用抗ウイルス剤レムデシビルの5日間および10日間の投与期間を評価するフェーズ3の治験の結果を発表しました。この研究では、レムデシビルの10日間の治療コースを受けた患者は、5日間の治療コースを受けた患者と比較して、同様の臨床状態の改善を達成したことが示されました。

いずれの治療群においても、レムデシビルによる新たな危険性の兆候は確認されませんでした。ギリアド製薬会社は、今後数週間以内に査読付きジャーナルに掲載するために完全なデータを提出する予定です。

「従来の医薬品開発とは異なり、私たちは、進化する世界的なパンデミックに対応して、治験薬を評価しようとしています。複数の同時研究により、レムデシビルが新型コロナウィルスの安全かつ効果的な治療法であるかどうか、および薬剤を最大限に活用する方法がわかります。」とギリアドサイエンスの最高医療責任者であるマーダッドパーシー医学博士は述べています。 「これらの研究結果は、国立アレルギー・感染症研究所が実施したレムデシビルのプラセボ対照研究からのデータを補足し、レムデシビルによる治療の最適な期間を決定するのに役立ちます。この研究は、一部の患者が5日間の投薬で治療される可能性を示しており、レムデシビルの供給で治療できる患者の数を大幅に増やすことができます。これはパンデミックの状況で特に重要であり、病院や医療従事者が緊急にケアを必要としている患者をより多く治療するのに役立ちます。」

レムデシビルはまだ世界的にどこでも認可または承認されておらず、新型コロナウィルスの治療に安全または有効であることはまだ証明されていません。・・・・

(引用ここまで)

唖然としないだろうか?この程度のものを日本は承認し、アメリカの製薬会社は売りつけようとしているのだ。しかも、レムデシビルはもう量産体制に入っている。それについて別の記事を翻訳引用する。分かりやすくするため部分的に意訳したが、翻訳ミスではないのでご了承いただきたい。

続きは下をクリックhttp://sdgs-agri.work/2020/05/01/緊急事態宣言は5月末まで延長、しかしそれ以上-5/


コメント