ベーシックインカムの新しい理論(NBIT:New Basic Income Theory )

みなさんはベーシックインカムというものをご存知だろうか?ベーシックインカムとは、最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策のことを言う。賛否両論あるがそこには今日は触れないで、今日は私が考えたベーシックインカムについての全く新しい理論(NBIT)を発表する。

日銀はGDPの伸びに合わせてお金を新規発行すれば良いというのが私の持論である。自国発行通貨であればいくらでも発行出来るというMMT理論とかいうものが巷で出回っているが、そんな馬鹿な事があるはずがない。MMT理論のどこが間違えているかについては回を改める事にする。

日銀で発行されたお金は複雑なプロセスを経て、市中に出回る。それをやめて国民に直接配ったらどうだろうか?

これはお金が市中に出回る本当の仕組みに関わるのだが、これが隠されている事に気づいた。事実上、銀行がお金を作り出している。銀行は預かったお金を貸し出す時に一定量を日本銀行の当座預金に預ける。これを準備預金制度という。単純化すると貸し出されたお金はまた銀行に預金され、銀行はそのうち一定量を日銀に収め、また貸し出す。1度の預金に対して8、9回の信用創造が繰り返される。準備預金制度は無限の信用創造を止める良いものだと思っていた。ところがよくよく考えてみると各銀行が日本銀行の当座預金に持っているお金のほとんどは、元々存在しなかったお金という事になる。この元々存在しなかったお金を銀行は引き出す事が出来る。

つまり、銀行の利益はお金を貸して集める利息と信用創造よって日銀の当座口座に振り込まれる元々存在しなかったお金という事になる。だから、貸せば貸すほど儲かるし、一定量貸し倒れが出ても大丈夫という事になる。そしてその利益はどうなるかといえば、銀行の内部留保と運営資金(従業員の給料など)、そしてお金を預け入れしている人への利息になる。お金を借りて、それを預けた人は借り入れも利息の方がはるかに大きいから、あくせく働いて銀行にまさに年貢を納める事になる。資本家はそのお金と信用創造されたお金を利息として吸い上げる事になる。こうして現代でも搾取、被搾取の関係は生まれていた。しかし、超低金利時代においてはこの理屈は通用しない。一体、銀行が貯め込んだマネーはどこへ行っているのか?それは今の所謎だ。銀行がお金を設けるもう一つの方法が運用だ。株式の売買、あるいは株式の配当金などが利益になる。

他に日銀から銀行にお金を渡す方法としては銀行への貸し出しや銀行から国債を買うという方法がある。どれ位の比率か分からないが日銀から銀行にお金が流れる量はおそらく

① 信用創造による当座銀行からの引き出し

② 銀行が保有している国債の利息

③ 銀行から国債を買う

④ 銀行への貸し出し

となるだろうが

③は銀行は常に大量に国債を保有しているので、銀行へのお金の流出は+-で-になる。

④もこれを元手にお金を貸して日銀より高い利息をとって日銀に返すのだから結局-になる。

結局日銀が発行したお金は①か②だけで市中に出て行き誰も潤わない。銀行に金を集めるだけの道具になっている。これをやめて国民に直接配ればいい。そのためには中央銀行と銀行の制度を抜本的に見直さないといけない。 

そもそも、銀行制度自身が間違えていたのだ。銀行が借り入れ者から金を収奪する悪魔の制度だったのだ。そのかわり銀行は取り付け騒ぎというリスクを抱えるようになったが、それを回避するために作られたのが中央銀行制度なのではないか?

こんな馬鹿な事はやめて成長したGDPに合わせて発行したお金は国民に配ればよかったのだ。そうすれば、今のような馬鹿げた貧富の差は生まれない筈だ。

NBITはまだまだ未完成の理論だが、発想としては面白くないだろうか?

コメント