コロナウィルスの正体!(1)〜コロナウィルスは生物兵器だった(専門用語をなるべく使わないで医学と状況証拠で真実に迫る)


イントロダクション

私は世の中の報道を見て、報道されている事は全体3割程度だろうと考えています。そして、残りの情報は一般人には意図的に隠されているのだと思います。その理由は民衆を意図的に操作するためでしょう。これは許される事ではありません。民主主義国家であってはならない事です。そういう意味で言えば民主主義国家と言うのはこの地球上にまだ1つも存在していないと言えるでしょう。インターネットの時代になり、事情はかなり変わってきました。様々な情報がインターネット上で飛び交うようになりました。しかし、厄介なのはインターネットの情報というのが玉石混交で読むものがそれが真実であるのか、嘘であるのか見分けないといけないと言うことです。また、英語が読める者にとって昨今のインターネットは無限大のソースになろうとしています。日本は対応がまだ追いついていませんが、海外の論文等は多くがインターネット上で閲覧できるようになりました。

後は自分が知りたいと思うことが出てきたら、ネット上で情報を集めまくって、その分野の入門書や専門書を読む根気とやる気と少しの知性があれば、完全とは言えなくてもおおむね正しい方向性の結論にたどりつけると感じています。また、それを発信するなどしていけば、次第にコネクションができてきますのでそちらから情報が入ってくることもあります。

私の情報を得るスタンスは大体このようなものです。ただNHKBSのワールドニュースは大いに評価しています。国によって同じ問題に対する見方が違うので、それを公平な観点で取り上げているのには本当に感心させられます。情報の比較、これこそが真実に近づく唯一の手段と言えるでしょう。

私がコロナウィルスについて提示したい観点は3つです。

①コロナウィルスは自然にできたものなのか、それとも人工的に作られたものなのか。

②コロナウィルスが人工的に作られたとした場合、それはワクチンなどの目的で作られたのか兵器として作られたのか。

③コロナウィルスはミスによって流出したのか、それとも意図的に散布されたのか。

医学からのアプローチで見えてくるのは①と②の途中まででしょう。②の途中と③に関しては状況証拠の積み重ねと私の僅かなコネクションに頼らざるを得ません。それでも、コロナウィルスが発症して4カ月、丹念に調べ、裏取りをし、なるべく精度の高い情報を得たと確信しました。後は、それが正しいと思うか、間違えていると思うかは皆さんにお任せします。

それでは次回から本論に移りましょう。

コメント