二酸化炭素地球温暖化論争はもう決着している〜地球はもう温暖化していない(9)

さらに、水温測定の深さは、温度計が挿入されているデッキに繋がれたら容器から水深のはるかに深いエンジン吸気温度およびブイまでの範囲の方法によって、2フィートから50フィート程度までまた漂流させるかまたは底に繫留するかによってかなり変化します、そのため、温度が深さによって異なるという事実は、体系的なデータセットを構築する可能性を試みる前に取り組むべき問題です。また、測定値は、測定されていないアフリカや南大洋などの大きな地域と空間的または時間的に一貫性がありません。

このNOAAデータセットの傾向は、過去10〜20年でより正確になったにもかかわらず、長期にわたる気候モデルの予測を下回っていることに留意してください。衛星が大気圏温度の測定を開始した1979年以降、より長い期間、新しいグローバルデータセットはHadley Center(1979-2015:NOAA +0.155°C / decade、Hadley Center UKMet、+ 0.165° C / decade)。ただし、新しいNOAA海水データセットに関して、特に過去20年で他のデータよりも温暖化がなぜ大きいかという疑問が残っています。

図4は、20Sから60Nの地域の海洋の温度傾向を示しています(つまり、熱帯および北半球の海洋20Sで表面付近の気温を生成するにはデータが少なすぎました)。 4つのデータセットがあり、NOAA(NOAA、赤)、Hadley Center(HadCRUT4、オレンジ)、大学院生のRob Junodによる海洋上の地表付近の気温(黄色)、および衛星からのUAH深層気温(青)。 NOAAとHadCRUT4は両方とも、表面近くの海水の温度なので、同じでなければなりません。

NOAAは、挑戦的な基準変数を使用して、船舶の取水口から測定した水温(夜間海洋温度(NMAT))を較正しました。 NMAT自体にかなりの調整、つまり船の甲板の高さなどの調整が必要なので、これは奇妙です。いずれにせよ、これから、ブイのデータは船のデータと一致するように調整されました。したがって、基本的な調整プロセスはNMATに依存して船舶データを調整し、ブイデータを調整するようです。

NOAAの最終製品は、これらすべてを組み合わせており、さまざまなシステムの地理的表現が劇的に変化したため(1980年の約10%のブイと90%の船から今日の90%のブイと10%の船まで) (2015)、ブイに適用される調整は自動的測定値に影響します。

委員会はこの挑戦的プロセスに関する情報を求め、NOAAに一貫した測定システム(つまり、船舶のみ、ブイのみ、NMATのみ)のみに基づいてデータセットを生成するように依頼し、1つのシステムが分布にする事によって不適切に測定値に影響を与えていないかどうかを確認しています。 実際はNOAAはこの要求に対応できませんでした。

コメント