2019-08

未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(15)

まず二酸化炭素による地球温暖化説で鬼の首を取ったように出てくるこのグラフですが、 本当のグラフはこうです。 二酸化炭素の割合の変動はこの細い線の中の出来事です。1ppm = 0.0001%ですから1750年28...
未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(14)

ある物体に電磁波(光は電磁波の一種です。)が当たると熱放射、熱吸収、熱透過が起こります。 つまり 1=吸収率+反射率+透過率 となります。 キルヒホッフの法則より、吸収したエネルギーと物体が放射するエネルギ...
未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(13)

もはや、一目瞭然ですが現在地球が温暖化しているとされる現象があるとすれば、氷期が終わったためなのです。 ここでグリーンランドの氷床に閉じ込められていた酸素の同位体による気温予測と水月湖の年縞堆積物に含まれていた花粉による気温の変化を...
未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(12)

まず疑うべき点は今までは酸素の同位体比によって古代の気温を推定してきました。しかしもしこの方法が間違っていたら、私の主張は根底から方が崩壊してしまいます。 そこで酸素の同位体比に頼らない方法で過去の気温を推定する必要があります。実は...
未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(11)

さて、次は違った角度から科学的アプローチをします。科学という学問は先に仮説があり、それを実証する事で成り立ちます。実証された仮説はもはや仮説ではなく、法則になります。例えば現代社会で相対性理論が誤っていると考える人が少数派でしょう。ミクロ...
未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(10)

☆温暖化論の最大根拠とされた国連報告書が間違いだらけだと判明、世界の平均気温はこの15年間、上がってはいない事実を認めた IPCCは今まで発表してきた気候モデルが失敗することを認めている ステイン ストーリバ...
未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(9)

IPCCのヴァレリーマッソン=デルモット氏の主張は「産業革命前に比べると、人間の活動のせいで地球は温暖化して1度上昇しており、この調子でいけば2030年~2052年には1.5度上昇する。」というものです。産業革命が始まったのは1860年く...
未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(8)

立命館大学古気候研究センター長  中川毅氏作成 過去の地球の空気を閉じ込めているものは他にもあります。南極の氷です。上のデータは南極の氷に含まれる酸素と水素の同位体比から復元した、過去80万年の気候変動です。 ...
未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(7)

IPCCのヴァレリーマッソン=デルモット氏の2030年~2052年には1.5度上昇し、水不足が起こり、イネ、麦などの穀物の収穫高が減るというのは全く意味が分かりません。気温が上昇すれば、熱帯が降水量が多いように降水量は増えるでしょう。二酸...
未分類

二酸化炭素地球温暖化というエセ科学は人類を滅ぼす(6)

そもそも二酸化炭素温暖化説などというエセ科学が世界に広まったのは、不確実な資料を、不確実に分析して、意図的な統計資料に仕立てたからです。この教訓から学んで今度は間違えないために、なるべく正確な資料を使い、分析は誰の目にも明らかなもので、そ...