ESD、SDGsの達成度を測る指標〜GDP(国民総生産)からGPI(本当の成長の指標)、GNH (国民総幸福)へ(3)

英国にあるレスター大学の心理学部の「人生の幸福度指数」という調査では、デンマーク人が人類でもっとも幸福な国民に選ばれています。2011年に国連が行った世界幸福度レポートでも1位がデンマークで2位がフィンランド。ノルウェーが3位でスウェーデンが7位という結果もあります。北欧の国民幸福度が高いと言うのは間違いない事実です。では日本も北欧に続けとばかりに様々な北欧の社会制度を取り入れたらどうなるでしょうか?私はうまくいかないと思います。

フィンランド人の生活について書いた『限りなく完璧に近い人々』という本があります。それにによれば、フィンランド人は朝の8時から仕事を始め夕方の4時くらいで仕事を切り上げます。仕事と家族、そして個人の自由な時間とのバランスを大切にしており、夏休みは平均で4週間もあり、多くの国民が田舎にコテージを所有しています。そこで長い夏休みを何もせずにゆっくりと過すといいます。

これがあたり前の人間の暮らしではないでしょうか?そして、このような暮らしは日本でも可能であると私は思っています。OECDが暮らしの11分野について行う調査でも全ての点で調査国の平均値を上回り国民が「人生に満足している国」と評価されています。

では北欧諸国は、それほどうまく行っているのでしょうか?答えはイエスでもありノーでもあります。例えばフィンランドを見てみましょう。『フィンランド人が教える本当のシンプル』では見えてこない一面が見えてきます。著者ははっきりとフィンランド贔屓であると公言し、その素晴らしさを最初に謳っています。優秀な国民、公共マナーの良さ(他の北欧諸国は意外にマナーが悪い)、国際ランキング1位の教育制度、格付け機関からトリプルAを付けられる健全な財政、もっとも公的機関の腐敗が少ない国などなどです。

しかし、その半面では国民の銃の所有率は世界第3位で殺人の発生率は西ヨーロッパで最高という負の側面があるのです。またフィンランド人が摂取している処方薬のトップスリーは1位が抗精神病薬、2位がインシュリン、3位が別の抗精神病薬だといいます。向こう見ずな大酒のみが多く、自殺の発生率が非常に高いそうです。

コメント