ESD、SDGsの達成度を測る指標〜GDP(国民総生産)からGPI(本当の成長の指標)、GNH (国民総幸福)へ(2)

そしてもう一つ注目すべきなのが、もはや日本とドイツのGDPには大差ないと言うことです。現在のEUの体制ではEU内の富がドイツにどんどん流れ込む仕組みになっています。まさに破竹の勢いでしたがイギリスのブレグジットによってEU内部にかつてから存在していた問題がどんどん表面化しています。EU、およびドイツは今後緩やかに低成長局面に入っていくだろうと予測します。

さらに国民一人当たりGDPを見てみましょう。

1位  ルクセンブルク    $114,234

2位  スイス                $82,950(金融)

3位  マカオ                $82,387(カジノ)

4位  ノルウェー    $81,694(実は石油)

5位  アイルランド    $76,098

6位  アイスランド    $74,278

7位  カタール                $70,779(石油)

8位   シンガポール    $64,041(金融)

9位   アメリカ                $62,605

10位 デンマーク    $60,692

11位  オーストラリア    $56,351

12位  スウェーデン    $53,873

13位  オランダ    $53,106

14位  オーストリア    $51,509

15位   フィンランド    $49,845

16位   サンマリノ    $48,946

17位    香港                $48,517(金融)

18位    ドイツ                $48,264

19位    ベルギー    $46,724

20位    カナダ                $46,260

21位    フランス    $42,877

22位    イギリス    $42,558

23位    イスラエル    $41,644

24位    ニュージーランド    $41,266

25位    アラブ首長国連邦    $40,711(石油)

26位     日本                $39,305

日本は26位で先進国の中ではかなりの貧乏国である事が分かります。貧乏である上に労働環境も先進国の中では大変悪いので、幸福度も大変低くなっています。

石油、金融、カジノという反則技を外してみると

1位  ルクセンブルク    $114,234

2位  ノルウェー    $81,694

3位  アイルランド    $76,098

4位  アイスランド    $74,278

5位   アメリカ                $62,605

6位 デンマーク    $60,692

7位  オーストラリア    $56,351

8位  スウェーデン    $53,873

9位  オランダ    $53,106

10位  オーストリア    $51,509

11位   フィンランド    $49,845

12位   サンマリノ    $48,946

13位    ドイツ                $48,264

14位    ベルギー    $46,724

15位    カナダ                $46,260

16位    フランス    $42,877

17位    イギリス    $42,558

18位    イスラエル    $41,644

19位    ニュージーランド    $41,266

20位     日本                $39,305

北欧は

2位  ノルウェー    $81,694

3位  アイルランド    $76,098

4位  アイスランド    $74,278

6位 デンマーク    $60,692

8位  スウェーデン    $53,873

9位  オランダ    $53,106

11位   フィンランド    $49,845

という風に北欧が大変豊かである事が分かります。まずこの事実はしっかり受け入れる必要があります。それで日本では一時期北欧神話が起こりました。北欧の教育は最高。北欧諸国は税金は高いが充実した福祉が存在し、経済は概ね堅調でしかも労働時間が短く、民主的で腐敗の少ない政府を持ち、そのうえ、シンプルでオシャレな家具が溢れる地上の楽園。これは部分的に正しく部分的に正しくありません。詳しくいうと長くなるのでそのうち特集でやるとしてこれは断言しますが、日本の教育水準はそれ程北欧に劣ってはいません。

コメント