ESDとは何か?(5)〜SUSchoolプロジェクトにおいて日本社会で普及しているもの

日本社会で普及している物

①風力タービン

②省エネ街路灯

③太陽電池パネル

④天候情報ステーション

⑤バイオマス煙突

⑥太陽光温水機

⑦自然の小道

⑧鳥箱

⑨放課後利用広場

⑩掲示板

(11)壁画

(12)温風乾燥機

(13)タイマー付き水洗トイレ

(14)節水貯水槽

(15)再生紙トイレットペーパー

(16)自動節水洗面所

(17)すきま風を通さないドア

(18)省エネ電球

(19)節約型薄型パソコン

(20)紙のリサイクル

(21)雨風に強いデッキ

(22)紙の再活用

(24)日陰の遊び場

(25)埋め込んだリサイルタイヤ

(27)みんなのニーズの確認用リスト

(28)遊び場ゲーム

(30)植物成長コンテナ

(31)仲良しベンチ

(32)運動、冒険エリア

(33)青空教室

(38)コピー機

(39)ロッカー

(41)温度調節機付き暖房

(43)充電ポイント

(47)地産ヘルシー食品

(49)食堂

(51)再利用食器

(52)有機肥料バケツ

(53)食器洗浄機

(54)温室

(57)やかん

(58)自転車置き場

(59)電動自転車チャージポイント

(60)自転車トレイン(自転車による集団登下校)

(61)バス停留所

(62)徒歩バス(手をつないで集団登下校)

(63)屋根付き待合所

(64)リサイクルポイント

(65)屋外ギャラリー

(66)環境ポリシーの掲示

(67)小動物

(69)持続可能な交通手段

(70)節約型冷蔵庫

私が驚いたのは、私が意識していない間にいかに日本社会に、エコロジーで持続可能な分解や製品が導入されていたと言う事実です。これらはほとんどが官主導との取り組みだと思います。改めて、日本の官僚は優秀だなと思いました。優秀なのは官僚だけではありません。持続可能な交通手段として日本はハイブリッドカーや電気自動車などが日進月歩で開発されています。特にハイブリッドカー技術はあまりにも優秀な技術で、これはトヨタ独自の技術です。リサイクルに関しても、ゴミの分別も普及していますし、北欧のように20種類も分別はしませんが、高温焼却炉によりダイオキシンの問題は完全に解決されており、日本ではそこまで分別する必要は無いのです。自動節水洗面所などはあらゆる公共施設に導入され、おそらく普及率は世界一では無いかと思います。アメリカには全く普及していません。そもそも、街を見て回ってもこういった細やかな配慮は日本人のお家芸ともいえます。ESDと日本人の相性は非常に良いようです。

コメント