ESDとは何か?(1)

ESDについてまず通り一遍の説明をしてみます。ESDはEducation for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。今、世界には環境、貧困、人権、平和、開発といった様々な問題があります。ESDとは、これらの現代社会の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育です。

ESDの実施には、特に次の二つの観点が必要です。

○  人格の発達や、自律心、判断力、責任感などの人間性を育むこと

○  他人との関係性、社会との関係性、自然環境との関係性を認識し、「関わり」、「つながり」を尊重できる個人を育むこと

そのため、環境、平和や人権等のESDの対象となる様々な課題への取組をベースにしつつ、環境、経済、社会、文化の各側面から学際的かつ総合的に取り組むことが重要です。

それとは別に近年SDGsという概念が生まれました。

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsはESDの拡大版と唱えられる事もありますが、私が勉強した限り、そうではないようです。ESDというのは担い手の教育、居場所(コミュニティ)作り、人と人の繋がり作りという大きな基盤があります。この基盤の元にSDGsを行うというのが、一番無理なく、効果的な方法だと感じています。ところが私の見える範囲ではどうもESDがSDGsとうまく繋がっていないイメージを受けます。その理由はESDが環境省と文科省が主導であったのに対してSDGsが外務省と文科省主導である事が主な原因のように感じます。

日本人は本当に縦の連携が得意で、横の連携が苦手だなあと思います。これは日本人にとってとっても不幸な事です。

通り一遍の説明はこんなところです。ここからは私が勉強した事をもとにESDについて解説していきます。

コメント