2019-05

未分類

ESDやSDGsで異文化交流がなぜ大切なのか?(7)

「違いを恐れず楽しむ態度」が重要であると述べましたが、ミルトン·J ・ベネット(Milton J. Bennett)は文化の違いに対する受容度(異文化感受性)は個人の文化の違いに対する認識の仕方であり、それは段階的に発達するとして、「異文...
未分類

ESDやSDGsで異文化交流がなぜ大切なのか?(6)

「自文化」と「異文化」という対比で議論を進めてきましたが、「自文化」と「異文化」といっても、文化の違いは絶対的な所与の実体として存在するものではありません。時間と空間、人生のライフサイクルや世代によって変わりゆく相対的なものととらえること...
未分類

ESDやSDGsで異文化交流がなぜ大切なのか?(5)

比喩や多くの形容詞を使い誇張する表現が日常的な文化もあります。アメリカの文化はその最たるものでしょう。アメリカ人は感情をきちんと言葉で表現します。日本人の以心伝心と言う意識は美しいものですが、実は感情というのは以心伝心するものではなく、多...
未分類

ESDやSDGsで異文化交流がなぜ大切なのか?(4)

これは海外でも見られることですが、日本人に特に顕著なように思われます。日ごろは謙虚に目立たないように行動している日本人が、インターネットの世界では、暴言を吐き、人を馬鹿にし、おちょくり、自己主張ばかりを繰り返します。これは私の持論ですが、...
未分類

ESDやSDGsで異文化交流がなぜ大切なのか?(3)

日本人にとって、謙遜はひとつの美徳とされていますが、自己主張することが自然な海外の人たちには理解されにくいのでしょう。私もよくわかりません。また、同じ日本人が謙遜をしない場合は、異質なものとして除外しようとする陰湿さもあります。はい、私も...
未分類

ESDやSDGsで異文化交流がなぜ大切なのか?(2)

日本は島国で、もともと閉鎖的な国です。自然と同じような性質を持った者どうしが集団を作る傾向があります。集団の中で生じる僅かな差にも敏感で、多数派に属さない者を排除しようと、陰湿な行動をとる傾向があります。日本に古来からある文化が村八分です...
未分類

ESDやSDGsで異文化交流がなぜ大切なのか?(1)

ESDはEducation for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。ユネスコによって定められました。今、世界には環境、貧困、人権、平和、開発といった様々な問題があります。...
未分類

ESDになぜ大きな柱として文化・異文化交流が含まれているのか(5)

また別の部分ではアンが旧約聖書から引用しています。旧約聖書詩篇23章4節です。 たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、 わざわいを恐れません。 あなたがわたしと共におられるからです。 あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。 ...
未分類

ESDになぜ大きな柱として文化・異文化交流が含まれているのか(4)

中学生の頃には赤毛のアンに出会いました。最初はアニメに夢中になり、次に小説を何回も何回も読み返しました。普通赤毛のアンと言えば女の子が夢中になるような小説ですが、私は赤毛のアンが心に響くようなナイーブな感性を持った男子だったのです。 ...
未分類

ESDになぜ大きな柱として文化・異文化交流が含まれているのか(3)

大学生になった私は様々なボランティア活動をしたり、学生運動をしたり、様々な宗教について学びました。そしてどれが優れているとかそれが劣っているとか言うことではなくて、自分にとってキリスト教の価値観が非常にぴったりくるものであるということがわ...