二酸化炭素による地球温暖化説は本当に正しいのか?〜気候変動を考える時に人類の行くべき道は脱炭素か低炭素か?(4)


地球に太陽から流入する熱量が同じだと考えて、宇宙へ放射される熱のうち、地球に留まる熱が約1.0015倍増えたぐらいで世界の平均気温が1度上がるのでしょうか?

例えば日本の年平均気温は14度前後ですが、絶対温度で言えば約287K(ケルビン)です。定説だと太陽熱に対して温室効果の熱は2倍です。温室効果が1.0015倍になった場合その大気への影響は⅓+⅔×1.0015=1.001

287K×1.001=286.3

と0.3℃上がる事になります。私の非常に単純なモデルでは1750年からの二酸化炭素による気温上昇は0.3℃ここ30年では0.15℃の温度上昇となりました。

これからいろんな気象学者の意見を聞いて私の理屈のどこが間違っているのか調べて行こうと思います。しかし、万が一、私の理論が大筋正しかったとしたら、どうなるでしょう。人類にはまだまだ未来があると思いませんか?仮にこの先30年、今までの30年の倍の二酸化炭素を排出しても気温上昇は僅か0.3℃だとすれば、許容範囲ではないでしょうか?

これから発展途上国は先進国に追いつけ、追い越せと開発を続けて行きます。今まで好き放題温泉効果ガスを垂れ流してきた先進国がちょっとそれは環境に悪いからやめてくれと言えるでしょうか?その無理を聞いてもらうために、我々先進国は環境技術を発展途上国に提供する必要があります。

それでこの先、30年を乗り切って、その間に再生可能エネルギーを実用化する。これが人類に残された唯一の道であると私は考えます。

もう一つ問題があります。地球温暖化の犯人として二酸化炭素が15%しか関与していないなら残りはなんなのか?私は太陽の活動の変動だと考えています。私が聞いている話では、世界の学者の80%は気候変動の原因を二酸化炭素、20%

は太陽の活動の変動だと考えているそうです。

気候変動、気候の寒冷化が始まっているというレポートを翻訳しました。ざっくり意訳したので若干の翻訳ミスがある事はお含みおきください。多くの人にとって有益な資料になると思います。なお、私の主張と矛盾がありますが、レポートは一流の科学者、私は一般人ですのでご理解いただきたいです。

こちらのサイトを翻訳しました。

https://ux.nu/80MV3
地球温暖化ヒステリーの中、NASAは地球規模の寒冷化を予測している
by Mish
2019年1月29日

地球温暖化の原因として二酸化炭素を推進しているのは呼び売り商人達であり、世界は呼び売り商人達に取り込まれています。

コメント